スキルも資格もないあなたの為の、転職のヒント・転職情報・転職お役立ち情報満載!!
転職のクスリ〜会社を辞めたい凡人の為の転職サイト〜
TOP 転職 お役立ちコラム

転職 お役立ち情報

サイト運営について 問合せ
転職 悩み 解決お役立ちコラム 1
”転職できない人”と”転職できる人”の根本的な違いを知ってますか?
今回は転職コンサルティングでよく受ける相談のお話をさせて下さい。


 相談者「人材紹介会社に言ってきました!」


 私「やっと行動しましたね!どうでしたか?」


 相談者「いやー。言われた通り自分の考えを説明した所、ピッタリの
     求人をいくつか出してくれました。」

 私「じゃー即応募ですね。マニュアルの作戦とおりやってくださいね。」


 相談者「そう思ったんですが、なかなかピンとくる会社がなくて・・・
     どこにしようか考えてるんです。」


 私「どこにしようか・・・ですか・・」



こういうパターンの人は、多分この後もずっと転職できないでしょう。


なぜか?


実は・・・簡単な理由です。


たぶんこの後、永久に応募しないから。


転職活動をそもそもしないので「転職できない」というより「転職しない」ということです。


この方の場合だと、すでにマニュアルの通り自分の希望をかなえてなおかつ採用される応募先の特定はできています。


なのに、”まるで入社する会社”かのように”応募するだけの会社”をあれやこれや考える。


これじゃー行動しないのも無理はありませんよね。私だって求人書類だけで入社するかどうかなんて決めれません(~_~;)


応募したって、内定もらったって入社する必要なんてないんですけどね。


別に、「贅沢を言うな」といっているわけではないんです。


採用されやすくて、自分の希望をかなえる応募先はマニュアルを活用すれば絞れるわけですから、あとは内定を貰っていく過程で入社したいかどうかを十分検討すればいいんです。


それで、入社したくないなら辞退してまた応募先を特定して内定をもらっていけばいいんです。


 本当に入社したいと思える会社が現れるまで応募すらしない人 


 入社できる会社から内定を取ってから、入社するかどうか考える人



あなたはどっちですか?
Copyright(C) tensyokunokusuri.com All Right Reserved.